和装も!洋装も!結婚式の衣装

いろいろある和装の種類

日本の伝統の衣裳である「和装」。結婚式に着用できる新婦の和装は種類も豊富です。「花嫁衣裳」として有名なのは、やはり白無垢ですね。真っ白な着物と小物で、結婚式ならではの衣裳のひとつ。白無垢と同格の結婚式の正装になるものが、色打掛。着物の上にあでやかな色と柄の打掛を羽織ります。お色直しで着用する新婦が多いです。白無垢・色打掛を結婚式で選択する新婦がやはり多いです。他にも成人式で着る振袖は、独身女性のみ着用することができる和装。そのため、独身最後の日である結婚式で振袖・引き振袖を着たいという女性も多いです。今ではオーガンジー素材で作られた、羽衣という新和装も存在します。夏場に和装を着たいけれども、できるだけ涼し気な印象にしたい方にもおすすめです。

定番になった洋装での挙式

定番のウェディングドレスはもちろん、お色直しのカラードレスが洋装の部類に入ります。西洋風のチャペルがある式場が増え、今では洋装の結婚式も定番になりました。洋装の一番のメリットは、着やすさです。何重も衣裳を重ねなければいけない和装と違い、下着とドレスの裾にボリュームを出すためのパニエ、ドレスのみで準備が完了します。新婦が洋装だと、合わせて新郎も洋装になります。新郎の結婚式の正装であるタキシードは、現代のスーツを着方がほとんど変わりません。そのため、長い時間結婚式や二次会で着用する分には、普段着慣れているので快適に過ごせますね。特にドレスはふわっとスカートにボリュームのあるプリンセスラインから、すとんと落ち着いた印象のストレートラインまで種類もとても豊富です。

東京の結婚式場とは、東京都内の結婚式場のことです。東京都内には、駅から無料送迎バスが出ている結婚式場もたくさんあります。